学生向けのクレジットカード 楽天カードアカデミー

顧客満足度No1のクレジットカードとして有名なのが楽天カードです。大々的に今でも広告をしているクレジットカードですし楽天市場などを通販サイトとして利用されている方も多いのではないでしょうか。この楽天は楽天カードを発行しているだけではなく、学生向けに学生専用カードも発行しています。もとよりポイントの還元率高いなどクレジットカードとしてはお得に利用出来ることが多いものではあるのですが、学生カードともなるとどうなのでしょうか。

■学生向けクレジットカード募集の背景

楽天といえばポイント還元率が高いことで非常に人気タガ回クレジットカードです。ただ最近は高還元率のクレジットカードが増えてきたことや学生カードに対しては高いポイント還元率を設定するクレジットカードが増えてきたため学生の取り合い状態となっています。楽天は楽天カードを利用することでポイント還元率も高まりますし非常にお得に利用できるようになります。そういったことを踏まえて学生に通常よりもまだ高いポイント還元率を設定して楽天市場などを利用してもらえるように考えられています。

■クレジットカードの性能

基本的な性能は楽天カードの一般カードと変わりありません。どちらも年会費は無料に設定されていますので維持費に関しては差がないですし基本となるポイント還元率も変わりありません。限度額については学生カードらしく10万円が設定されていますのでこちらも一般的な金額であると言えるでしょう。

楽天カードアカデミーを利用すれば一部の楽天のサービスで楽天カードよりもポイント還元率が高まるようになっています。対象となるのは楽天ブックスや楽天トラベルの一部の支払いになるのですが、最大でポイント還元率が5%程度になるという驚きの性能を持っています。学生がよく利用する支払いに対してポイント還元率が高まるのはよく考えられていると思います。

■卒業後のクレジットカード

卒業後のクレジットカードは学生カードではなく通常の楽天カードに変更されます。卒業時のタイミングで自動的に楽天カードが送付されてきますので特に切り替えなどの作業をする必要はありません。ただ自動的に送付されてきますので大学院に進学する場合は再度学生カードの申請が必要となります。ここで学生カードに戻すかどうかはクレジットカードの利用量によって判断すると良いでしょう。

一般カードに戻ると楽天ブックスなどのポイント還元率が少し下がってしまいます。もとより還元率は高いですがよく利用されている場合は少なく感じてしまうかもしれません。

学生向けクレジットカード JCB CARD EXTAGE

日本が世界に誇る国際ブランドであるJCBも学生カードを発行しています。JCB CARD EXTAGEと呼ばれるこちらのクレジットカードははじめてクレジットカードを作ってみる学生の方に人気のあるクレジットカードとなっています。人気の理由としてはクレジットカードとしてはVISAやMasterCardが利用しやすいものの、日本国内で利用することを考えればJCBのほうが利用しやすいことが多いということがあるのでしょう。海外旅行のお供として利用するのであれば少し不安はありますが、国内ではじめてもつクレジットカードとしては非常に人気のある国際ブランドともなっています。

■学生向けクレジットカード募集の背景
JCBは日本で人気のある国際ブランドということもあり学生向けにもその価値をアピールしています。特にJCBは日本発祥の国際ブランドであることから、まだまだ世界的にはシェアも5位と至らない部分もあるのですが徐々に勢力を拡大している国際ブランドです。そういったJCBのプロパーカードを学生カードとして発行することでJCBのみ力をより学生の皆さんにも知ってもらおうとしていることが考えられます。

■クレジットカードの性能
JCB CARD EXTAGEは入会してから5年間限定で持てるクレジットカードとなっています。大学院などに進学していると5年後もまだ学生である可能性はありますがクレジットカードとしては期間が定められています。
入会してから3ヶ月の間はポイント還元率が3倍になるという特典が用意されていますのでポイント面での性能は十分でしょう、またJCBは有名な企業と数多く提携していますのでセブン-イレブンやスターバックスなどでクレジットカードを利用すれば通常よりも多くのポイントが貯まるという特典も用意されています。海外で利用すればこちらもポイントの還元率が2倍になりますので、海外旅行などで利用する分にもポイントは多く期待できますね。

■卒業後のクレジットカード
卒業後にはJCBが発行する一般カードに切り替えとなります。こちらの一般カードになりますと年会費が必要となりますので注意してください。ただプロパーカードはどこのクレジットカードを利用しても基本的には年会費が必要ですし、提携カードよりもクレジットカードとしての価値は高いと言われていますので持っているに越したことはありません。切り替えのタイミングで解約してしまうと手数料が必要となりますし、一般カードを長く利用するのが理想的です。

学生向けクレジットカード 三井住友VISAアミティエカード

三井住友カードが発行するクレジットカードの中でも女性が利用することを想定して作られているのが三井住友VISAアミティエカードです。 女性限定ということではないのですが、ショッピングやポイントの活用面で女性が利用しやすいような配慮がされているクレジットカードとなっています。この三井住友VISAアミティエカードには学生カードと一般カードが用意されているのですがこれらに差はあるのでしょうか。その詳細についてまとめてみました。

■学生向けクレジットカード募集の背景
三井住友カードはクレジットカードを数多く発行していますが、他にもクレジットカード会社大手というのはいくつか存在しています。それらのクレジットカード会社に打ち勝つためにも大切なことは学生のうちから自社のクレジットカードを利用してもらうということです。特に三井住友カードのプロパーカードともなると社会人になってから所有するには少しハードルのあるクレジットカードの1つです。このステータス性の高い信頼と安心のあるクレジットカードを早い段階から活用してもらうためにこちらのクレジットカードが発行されています。

■クレジットカードの性能
クレジットカードは学生カードらしく在学中の年会費は不要となっています。多くの学生カード年会費が無料となっているのでこれは嬉しいですね。しかも三井住友VISAアミティエカードに関しては三井住友カードが発行する学生カードの中でも無条件で年会費が無料となっています。年に1回は利用しなければ年会費が無料とならないものも存在していますのでそのことを考えると無条件であるのも嬉しい特典です。
これ以外の性能に関してはほぼ一般カードと同様のものになっています。三井住友カードのサービスを早い段階から無料で持てるのか年会費を支払って持つのかが大きな差となるでしょう。学生カードで年会費無料でありながら様々なサービスを活用できるとその後もクレジットカードを利用したくなるはずです。そういった元々質の高いサービスを無料で受けられるというのが大きな性能と言えるはずです。

■卒業後のクレジットカード
卒業後には通常の三井住友VISAアミティエカードへと切り替わります。こちらに切り替わると年会費が1250円+税になりますので維持費が必要とはなってしまいます。ただこれも条件を満たせば無料とすることも出来ますので、学生カードと変わらないサービスを実質は無料で持ち続けることが出来るのです。

学生向けクレジットカード 学生専用ライフカード

年会費無料のクレジットカードとして有名なのがライフカードです。あまり知られていませんが消費者金融系のクレジットカードということもあり審査も素早くて甘いため何かと重宝されているクレジットカードともなっています。このライフカードは学生カードや法人カードなどのいくつもの種類のクレジットカードを発行しています。学生カードには学生カードらしい特典もありますので詳細を今回はご紹介いたします。

■学生向けクレジットカード募集の背景

ライフカードの一般カードは誕生月のポイント優遇などはあるのですが、年会費が無料ということを除くと最近では少し魅力の薄れてしまったクレジットカードとなっています。誕生月のポイント還元については他のクレジットカードを大きくしのぐような性能となっていますのでこれを利用されている方は多いとは思いますが、それ以外では学生カードを発行して引き続き利用してもらうことを戦略として考えているように見えます。学生カードを発行していれば簡単に解約する人も少ないですので長く利用してもらうための一つの戦略となっているのでしょう。

■クレジットカードの性能
消費者金融系のクレジットカードとういこともあってか学生カードにも関わらず限度額が30万円まで設定可能となっています。学生カードは最初から限度額が10万円と指定されているものも多いですので、何かしら大きな買い物に利用したいと考えている場合に嬉しいクレジットカードと言えるでしょう。
学生カード独自の特典としては海外での利用に対して5%のキャッシュバックが設定されているというものがあります。学生の間は何かしら旅行に行った留学に行くこともあるでしょう。海外で過ごすとなると日本以上にクレジットカードが必要となることが多いですので最低でも1枚は持っておきたいところです。そこでこちらの学生カードを利用すればキャッシュバックもありますし限度額も最大で30万円まで設定できるので非常にお得ということになります。

■卒業後のクレジットカード
卒業後は学生カードから一般カードに変更となります。誕生月のポイントボーナスなどの性能は変わらないのですが、海外での利用に対してキャッシュバックが無くなるのでこれが一番の難点かとは思います。海外利用でのキャッシュバックは学生カードの特権として割り切って、一般カードになってからはポイントボーナスがある月にまとめて利用するなどしても良いでしょう。維持費は変わらず無料ですので持っていて損はありません。

ビックカメラSuicaカードが学生におすすめ

学生の中にはビックカメラを愛用している、という方も多いのではありませんか。最近お学生はパソコンも必須ですよね。他にも様々な電化製品を購入するためにビックカメラを利用しているケースは多いでしょう。
しかもビックカメラではスポーツ用品や腕時計、さらにゲームソフトなど様々なものを取り扱っているのです。買い物をする機会は増えるばかり、といっても過言ではありません。

こちらではビックカメラを愛用している学生に対してビックカメラSuicaカードをおすすめします。一体どんなメリットが有るのでしょうか?

・ビックカメラSuicaカードの学生に対するメリットとは?

年会費が極めて低い、という特徴があります。学生はなるべく年会費を支払いたくありませんよね。まず初年度年会費ですが、無料の設定となっているのです。2年目以降は515円の設定となっています。その2年目以降の515円という年会費ですが、実は無料化することも可能です。前年にカードを1回でも利用していれば無料になります。

ビックポイントがたっぷりともらえる、といった特徴から見逃せません。現金払いと同様に10.0%のビックポイントがビックカメラの買い物で還元されるわけです。ビックカメラでクレジットカード払いを選択すると、一般的にはポイント還元率は8.0%になります。しかしビックカメラSuicaカードで支払いを実施すれば、10.0%となるわけです。