■そもそも学生向けクレジットカードとは?

クレジットカードにはいくつも種類があります。その中で特に特徴部買い物といえば、学生向けクレジットカードが有るのではないでしょうか。学生御用達となっているわけですが、そもそも学生向けクレジットカードとはどんなものなのでしょうか。その内実を詳しく知らない、というかたも多いのではありませんか。

このサイトでは学生向けクレジットカードの特徴に迫ります。学生でクレジットカードを作りたい、と思っている方は必見です。

学生向けクレジットカードもクレジットカードの達人へ

■学生向けクレジットカードの中身とは?

・どんな学生なら利用できるのか?

大学生と専門学校生、そして短大生であれば基本的に作れるものです。学生向けクレジットカードは基本的に18歳以上が持てるとされているものです。ですから18歳以上で入学する学校の学生に関しては基本的に申し込みができる、といった状態になっているわけです。

一方でグレーゾーンとなってくるのが大学院生です。大学院生は18歳以上であることは確かですが、上の年齢制限に引っかかってしまうこともあるんです。25歳までとしている学生カードもあるので注意してくださいね。

ちなみに高校生に関しては、仮に18歳であったとしてもカードが作れません。高校卒業が一つの条件にされていることが多いからです。

■なぜ学生向けクレジットカードがあるのか?

学生向けクレジットカードですが、なぜそのようなものがあるのか、と不思議に思ってしまいますよね。学生向けクレジットカードの意義が知りたい、というかたもいるでしょう。

こちらでは、なぜ学生向けのクレジットカードがあるのか、ということを明らかにします。どのような思惑があるのでしょうか。

■一般のクレジットカードは学生が作りづらい

・学生にも有効活用してもらうためにあるのが学生カード

学生向けクレジットカードですが、基本的には大学生向けとなっています。基本的に収入が殆どないような学生に対しては、作れるカードが少ないんです。そもそも、学生のカード発行を不可、としているところもあるんですよ。
しかし、大学生にもなってクレジットカードが利用できない、というのはあまり良いことではありませんよね。ネット通販を利用にしても決済で面倒になってしまうわけです。

もちろん一般的なクレジットカードを学生が持つ、ということも可能ですが審査が比較的厳しくなってしまいます。一方で、学生カードの場合は学生向けの審査をします。学生としても審査が圧倒的に突破しやすくなっているわけです。

ちなみに学生カードの審査ですが、少なくても収入があればあるだけ有利ですよ。返済能力があると判断されるんです。

■カード会社が学生向けクレジットカードを重視する理由

カード会社がなんで学生向けクレジットカードを作るんだろう、と思ったことはありませんか。そもそも学生の収入はたかが知れているわけですよね。アルバイトをしてつきに10万円もあればよいでしょうか、その中から返済していくことになるわけです。大きな額の利用も期待できないので、カード会社としては旨味がなさそうですが実際に学生カードの種類は豊富です。

今回はカード会社が学生カードを重視しているわけに迫ります。

■親の収入に期待できるから

・返済ができなくなったとしても援助を受けられる可能性が高い

学生の場合は返済ができなくなったとしても、親からの援助が受けられる可能性が高い、と言った特徴があります。要は貸し倒れのリスクが極めて低くなっているのです。カード会社としては安心して貸し出せる存在、と言っても良いかもしれません。

本人につきに10万円の収入しかなかったとしても、実際には仕送りでさらに10万円ほど援助されているケースもあります。親の援助からも返済に回してもらえるかもしれないので、おもったよりも返済能力がある、ということが考えられるわけです。

■今のうちにカードを利用してもらう

・社会人になったときも継続して利用してもらえる可能性あり

学生のときだけでなく、卒業後も継続してカード利用をしてもらえるチャンスがあります。社会人になっても使ってもらえば、カード会社としては旨味が極めて多くなるわけです。

学生用クレジットカード「三井住友デビュープラス(学生)」をチェックしてみた!
年会費が超お得!

学生にも注目されているクレジットカードはたくさんあります。しかし、どのカードがおすすめなのか、ということはあまり知られていないのが現状なのです。
こちらではおすすめの学生系クレジットカードである「三井住友デビュープラス(学生)」についてお話します。
どのような特徴があるのでしょうか。なぜ学生にとって良いカードなのでしょうか。

三井住友デビュープラス(学生)が支持されている理由ですが、年会費が有利である、というものがあります。年会費が初年度無料であって、2年目以降は1,350円の設定となっています。2年目以降の年会費が1,350円であることにちょっとがっかりした人もいるかもしれません。やっぱり無料のほうが魅力的であることは間違いありませんよね。

三井住友デビュープラス(学生)ですが、実は2年目以降も実質無料のクレジットカードなのです。実は年に1回以上のカード利用があると、つう樹お年会費1,350円が翌年度も年会費無料になります。要は学生の間はずっと年会費無料の設定になる可能性もあるわけです。

学生向けクレジットカードで、なるべく年会費がかからないものを利用したいのであれば「三井住友デビュープラス(学生)」の利用を検討しましょう。きっと満足するはずです。

ポイント還元率も有利だった!

学生向けクレジットカードもたくさんあります。その中でも注目させてもらっているのが三井住友デビュープラス(学生)です。素晴らしい特徴がいくつもあるカードであり、人気が高まっています。

三井住友デビュープラス(学生)ですが、ポイント還元率も気になるのではありませんか。せっかくクレジットカードを利用するのであれば、やはりポイント還元率が少しでも有利なものを、というのが自然な気持ちだと思います。ポイントを得られるというのはカードを利用する目的にも入ってくるものでしょう。

では実際に三井住友デビュープラス(学生)のポイント還元率はどの程度になっているのでしょうか。確かめてみましょう。

三井住友デビュープラス(学生)のポイント還元率ですが、1,000円につき2ポイントとなっています。通常の三井住友カードに関しては1,000円につき、1ポイントなので倍のポイントが獲得できるわけです。しかもiDの利用でも1,000円五木2ポイントゲットできます。電子マネーの利用でもしっかりとポイントが獲得できる、といったメリットが有るわけです。

ちなみに入会後3ヶ月間はポイントが5倍の設定となります。入会した直後は特にクレジットカードを利用していき、ポイントをたくさんゲットしましょう。

更新時に上位カードへランクアップ!

学生向けのクレジットカードである三井住友デビュープラス(学生)ですが、大人気のクレジットカードとなっています。利用を希望している方も少なくありません。そんな方に注目をしてほしいのが、三井住友デビュープラス(学生)は更新したらどうなるのか、という部分です。

そもそも三井住友デビュープラス(学生)に関しては学生向けのクレジットカードであるわけです。学生でなくなった場合にはどうなるのか、ということはしっかりと理解しておかなければなりません。

三井住友デビュープラス(学生)の更新時ですが、実は上位版へランクアップできるのです。三井住友デビュープラス(学生)は満26歳になった後の最初のカード更新時からプライムゴールドカードに切り替えが行われます。いきなりゴールドカードの取得ができるわけです。
社会人位なると、何かとクレジットカードも利用するようになります。ゴールドカードになると、カードの利用できる範囲もどんどんと広がっていくわけです。

ちなみにゴールドカードは不要と思っている方もいるかもしれませんね。そういった方でも安心です。ゴールドカードではなく三井住友VISAクラシックカードへの更新もできるのです。選択できるので安心してくださいね。

国際ブランドについて

クレジットカードを利用するときに大きく関わってくるのが国際ブランドです。国際ブランドによってはカードの使いやすさ、というものも随分と変わってくるわけです。使いやすい国際ブランドと使いにくい国際ブランドがある、ということはしっかりと理解しておかなければなりません。

こちらでは学生に大人気のクレジットカードである三井住友デビュープラス(学生)における国際ブランドについて解説します。一体どのような国際ブランドがついているのでしょうか。そもそも選択性はあるのでしょうか。確認してみましょう。

三井住友デビュープラス(学生)の国際ブランドですが、VISAのみとなっています。他の国際ブランドはついていないのでその点は残念です。
しかしVISAが悪いわけではありません。世界でのトップクラスのシェアを誇っています。国内利用も問題ありませんし、海外利用もしやすいクレジットカードなのです。今後も利用したい、と思っている方は多くなることは間違いありません。

学生の中には海外旅行をするのが好き、という方も多いのではありませんか。そういった方でも安心して利用できるのです。VISAは海外に設置されているATMの多くでも利用できます。現地通貨が必要になった時は引き出せるわけです。

利用限度額はどうなってるの?

クレジットカードを利用する時は、そのカードでいくらまで利用できるのか、ということが極めて重要になります。50万円の買い物をしたいのに、限度額が30万円であれば、その買い物はできない、ということになってしまうわけです。だからこそカードを申し込む前にどのくらいの利用限度額になっているのかは把握しておかなければなりません。
もちろん限度額は個別に設定されているので、審査が終わらなければどの程度に設定されるかはわかりません。しかし、そのカード自体の利用限度額、というものはしっかりと把握しておくべきなのです。

こちらでは学生に大人気のクレジットカードである三井住友デビュープラス(学生)の利用限度額についてお話します。一体どの程度の金額に設定されているのでしょうか。

三井住友デビュープラス(学生)の利用限度額ですが、初年度は10万円から80万円となっています。学生カードなので、それほど有利な利用限度額設定になっているわけではありません。しかし学生にとっては十分な利用限度額設定、といっても間違いではありません。
ちなみに20歳以上の学生の場合ですが、親権者の同意がない場合の利用限度枠は10万円に限定されてしまいます。少しでも高額の利用がしたいのであれば、親権者の同意を取り付けましょう。

電子マネーの付帯について

学生カードの三井住友デビュープラス(学生)についてここまでお話してきました。かなり理解できたのではありませんか。若者向けクレジットカードではありますが、おもったよりも使い勝手が良いカードなのです。
こちらでは三井住友デビュープラス(学生)の電子マネーの付帯について詳しくお話します。一体どのようなサービスになっているのでしょうか。確認してみましょう。

三井住友デビュープラス(学生)の電子マネーですが、実は複数あるのです。学生の時代は電子マネーもたくさん利用しますよね。

三井住友デビュープラス(学生)で利用できる電子マネーですが、

・iD
・PiTaPa
・WAON
・iD(携帯)
Visa payWave

以上のものとなっています。もしも普段から利用しているものがあれば三井住友デビュープラス(学生)での利用をおすすめします。一枚のカードで、クレジットカード利用も電子マネーの利用もできればカード管理も圧倒的に楽になるでしょう。

ちなみにiDに関しては利用でポイントも獲得できます。1,000円につき2ポイントゲットできるので、クレジットカードを利用する以外でもポイントが獲得できるメリットが三井住友デビュープラス(学生)にはあるわけです。iDも有効活用していきましょう。